おなかの寄生虫って?

回虫、サナダ虫。。。どれもおなかの中にいる寄生虫です。人間では希にしか見られなくなりましたが、ペットでは頻繁にみられます。

たくさん寄生されると、栄養不良、血便、ケイレン発作などの原因になります。

【駆除】

1ヶ月〜2ヶ月に一回、駆虫薬をあげることで駆除できます。

おなかの寄生虫は、種類により効く薬が違います。動物病院で効く薬(※)を選んでもらいましょう。

※市販の「虫下し」は通常、1〜2種類にしか効かないので注意が必要です。

【感染経路】

多くは、道ばたの草を食べたり動物どうし舐めあったりすることで、口から感染します。 お母さんに寄生虫がいると、こどもが子宮内で感染する寄生虫(回虫など)もいますので、交配前の駆虫は特に重要です。

(c)2009大穂どうぶつ病院