株式会社ペピラ おおほ動物病院 しつけ外来サービス案内


しつけ外来
(問題行動の治療)

事例紹介、診療の流れ

 ■ しつけ外来って何ですか?


ワンちゃんの困った行動を改善するお手伝いをいたします。

外来診療と往診ができます。
お客様に吠える!噛みつく!散歩中に引っ張る!など ワンちゃんの問題行動でお困りではありませんか?

当院では、獣医師とドッグカウンセラが力を合わせて
  • 問題行動の原因を発見し、
  • その原因を取り除くしつけ方を提案いたします。
飼い主様のお話をよくうかがい、お一人お一人に合った改善方法を 見つけることで、ご自身で楽にしつけられるようになります。
飼い主様に直接しつけていただくことで、問題行動が再発しにくくなります。


 ■ 事例紹介


<相談例> 我が家のチビわんこは知らない人に歯をむき出して怒ります。
      人を咬んでしまいそうで心配です。

原因 大事にしすぎたため、飼い主様以外の人に慣れる機会が なかったもの(社会化不足)と推定しました。
この状態のワンちゃんに、知らない人が無理に触ると 突然、噛みついてしまうことがあります。
対処の方針 ・まず、物理的に事故が起こらないような対策をします。
・次に、知らない人でもワンちゃんが不安にならないような工夫をしながら、慣らしてゆきます。あせらず、ゆっくりと。
お伝えした対処法 ・移動の際はキャリーバッグに入れていただく。
 (これだと、物理的に噛みつけません。)
・初対面の人には予めワンちゃんの性格を伝えていただきます。
 (人の方で、無理をしなければワンちゃんも安心です)
・触る場合はおやつをあげながら、少しづつ無理のない範囲で。
 (触る前におやつをあげて、不安を和らげます)

結果:2週間後 ・出会った人に対して歯をむき出すことはなくなりました。
・今までは触れることができなかった人も、
 触ることができるようになりました。 

 ■ 診療の流れ

最低2回のご来院をお勧めします。
初回は、主に現在のお悩みを早急に改善する「対症療法」をお伝えします。
2回目以降は、主に原因を解消する「原因療法」をお伝えします。

【初回】
概ね午後1時30分から始めます。10分程度前にご来院下さい。
カウンセラーが飼い主様のお悩みをよくうかがいます。
獣医師が、その問題に関係する身体上の原因が無いか診察します(ワンちゃんをお連れの場合)。
飼い方、接し方、周囲の環境等について詳しくうかがいます。
少しお時間をいただき、獣医師とカウンセラーで、原因と対処法を検討します。
飼い主様とご一緒に最適な対処法を探します。
まず、お困りの点を早急に改善する対症療法をお伝えします。
問題行動も病気と同じで、一回の診療だけでは原因が特定できない場合があります。 相談後は電話にてフォローいたします。
【2回目以降】 その後の変化に応じて、問題行動の「原因」を取り除く方法を提案いたします。
ご要望に応じて、実地指導も可能です。


 ■ ご利用方法

ご来院の際、またはお電話にてご予約下さい(029-864-3081)。


© 2011-2015 おおほ動物病院